日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

シシグ(sisig)を語ってみる

フィリピンでサンタのディスプレイ姿が冬服なのを見て、なんだかなぁ、と思ってしまったあつなりです。

 

サンタもクールビズすればいいのに。半袖半ズボンとか。もう、上半身裸の水着姿でもいいんじゃね?

たまに見ていて、暑苦しいと思う時がある。

 

f:id:A28_K:20191204215335j:plain

今週、毎日シシグ(sisig)食べてます。めっちゃ好きです。フィリピン料理の中でいちばん好きなのはシシグと結論付けてもいいだろう。それくらいシシグが好きなのである。

 

シシグを食べたことがない読者が大半だと思うので、どういう味が説明をしてみよう。

思い出してみる。

まず、塩っけと胡椒がある。そこに生姜の辛味とネギの辛味がうまく融合して、絶妙な旨さへと仕上がっている。さらにそこに肉が持つ油等による旨味が混ざって、最高の味へと昇華している。

それが、シシグという料理である。説明しても一切理解してもらえないかと思う。

 

百聞は一見に如かずなので、フィリピンに来たら、食わず嫌いをせずに是非とも食べて欲しい。白米にも合うし、ビールの肴にもなる素晴らしい料理ですから。

 

ただ、これ自分で作るとなると結構面倒臭そうなので、僕は作ろうという気が起こらない。幸い近くに美味しいシシグ屋が安く提供してくれているので、そこで十分である。

f:id:A28_K:20191201180936j:plain

 

栄養バランスを無視して、明日も食べてそう。いやいや、生姜とネギが入っている時点で、体に悪いということはないだろう。そう信じたい。