日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

痰詰まり

「痰 長期 原因」、検索。のあつなりです。

今年の3月くらいに風邪をひいて、痰詰まりを起こしてから、一向に治らない。こんなこと今の今まで初めてである。

 

3月くらいと言えば、オーストラリアに滞在していた時だったので、その時は、乾燥が原因で痰詰まりしていたのだと、放置していたのだが、湿潤であるはずの日本に帰ってからも一向に症状は良くならず。

実は、フィリピンに駐在前に耳鼻科に2回ほど行ったのだが、そこでも薬とか処方してもらったものの、効果はなかった。痰詰まりが見えているけど、大したことなさそうで、診察は終わった記憶がある。詳しくは覚えていない。

 

そして、さらに湿潤であるはずのフィリピンに来てからも一向に症状が治まらない。なぜだ⁉︎痰詰まりなんて、冬場の寒くて乾燥した時期以外無縁だったのに、どうしてこうなった⁉︎

オーストラリアのせいか⁉︎憎っくきオーストラリアのせいなのか⁉︎

どこまでも僕を苦しめやがって。このブログでどこまでもオーストラリアの嫌なところを伝えて、風評被害を与えてやる。(めっちゃ、みみっちい。)

 

それで、まぁ、今月日本に帰るでしょ。その時に、病院に再度行くのは言うまでもないのだが、効果があるのかないのか定かではないが、薬にすがりたいという気持ちもなくはない。そこで、今日は痰詰まり用の薬を買ってきた。

f:id:A28_K:20191205214153j:plain

「carbocistein」という薬である。Primerというサイトで調べたら出てきた。5日分で、350円だから、安い。

海外在住であれば、内科系の症状であれば、病院に行くより、絶対にまずは薬局の薬を試してみるべきだと思う。日本よりも効果が高いものが多いし、病院は診察代が高かったり、待合時間が長かったりと、不便なこと極まりないからだ。

 

それは、さておき。この薬、果たして効果はあるのだろうか。あるのだったら、今までの痰詰まりによる苦しみを返して欲しい。

約9ヶ月も続いた上に、日本のお医者さんで治せなかった症状がこの薬ひとつで治るとは到底思えない。あくまで、気休め程度に期待しておこう。