日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

副作用

病床に伏しているあつなりです。

 

体に倦怠感。そして、喉の痛み。風邪のような症状。

またも、風邪?

 

いえいえ、今回、私覚えがあるんですね。なぜ、こういう状態になったかというと、興味のある方は過去の記事を見てくれい。

 

 

a28-k.hatenablog.com

f:id:A28_K:20191205214153j:plain

 そう、この薬、「ムコダイン」って言うんですけど、恐らくはこの薬の副作用であることには間違いない。喉の痛みが風邪のものと全く違うという自己分析からそういう決断に至った。

この薬、ネットで調べたんですけど、副作用があるんですね。アナフィラキーショックとか頭痛とか咽頭痛とかそのあたりのやつ。まぁ、風邪に似たような副作用が出るという認識で間違いないだろう。

要は、リスクがあるっていうことだ。

 

思えば、飲み始めて、3日目くらいに喉が痛くなって、そこから急激に体調が悪くなっていったような記憶がある。そして、仕事終わりピークに至ったので、いてもたってもいられなくなったので、寝た。

そして、今に至る。服用を止めて、半日。喉の痛みはだいぶと軽減した。だから、この薬起因であることにはほぼ間違いないだろう。

 

薬局で購入する段階から、副作用があることは事前の調べでわかっていたが、まさか自分がなるとは思ってもいなかった。そういうのには免疫がある方ではなかったんですね。

思えば、風邪にはしょっちゅうかかってるし、内科関連に関しては、僕は弱いのかもしれない。

 

薬を止めたら、快方に向かうという逆説的なプロセスの元、徐々に体調は戻りつつある。

そして、肝心の痰詰まりは……治っていない。自分の体調を犠牲にしても治せなかったようである。

 

帰国後の病院行きは確定である。