日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

プレゼント交換

フィリピン人のバスケ仲間からのあだ名が「しんたろう」になりそうなあつなりです。

バスケ漫画が好きな人ならピンと来るはず。ちなみに、最初に呼ばれた時、あまりピンとこなかったが、漫画の名前を言われてピンときました。

 

そうですね、「黒子のバスケ」ですね。

で、「しんたろう」っていうのは、キセキの世代のシューター、緑間の下の名前ですね。っていうか、普通、緑間のことは緑間って呼ぶ人が多いから、「しんたろう」って下の名前で呼ばれると、「誰⁉︎」ってなるのが自然な反応だと思う。

海外だと、苗字じゃなくて下の名前で漫画のキャラクターとか覚えるっぽいですね。そして、黒子のバスケの人気はグローバルですね。

 

なんかシュートフォームが似ているうんたらかんたら言われたけど、ああいう漫画のシュートフォームって、大体みんな同じじゃね?だから、そこを言われても全くピンとこなかった。

 

まぁ、確かに本名で言っても、覚えにくいし、発音しにくい名前だからなぁ。それだったら、「ビンス」とかそっち系のあだ名の方がいいわと思ったりもする。

f:id:A28_K:20191218215315j:plain

今度から、メガネをかけてプレーしてやろうか。僕は視力が良いので、伊達になってしまうのですが。

 

 

 

 

 

海外のクリスマスだと恒例行事になるのかな?

そうです、プレゼント交換です。今回が初めてと思いきや、実はそうではないんですね。僕、プレゼント交換経験者です。

詳しくは下のブログを見てくれい。

 

a28-k.hatenablog.com

 

 

a28-k.hatenablog.com

 クリスマスパーティ自体は今週末にするのですが、先立ってクリプレ交換だけをやるというわけである。なぜかというと、荷物がすごく多くなってしまうから。

 

それもそのはず。今回、1対1の交換ではなく、1対5の交換なのである。だから、ギフトも5つ分用意しないといけなかったのである。

これが、思った以上に面倒だった。なぜなら、それぞれのギフトを買う際にテーマが与えられていたから。テーマに沿って、かつ実用的で予算以内に納まるようなギフトとなると相当に頭を使うし、探すのが面倒だった。

 

まぁ、でもそんな苦労もあって、果たしてプレゼントをもらってどんな反応をするのか不安でいたわけなのだが、蓋を開けてみたら、みんな喜んでいる様子だったのでやって良かった。

で、僕自身も想像をはるかに上回るくらい実用的なものをもらえて大変嬉しかった。

その一部がこれである。

f:id:A28_K:20191218220525j:plain

ちなみに、ギフト1つあたりの予算ってどれくらいやと思いますか?実は、100ペソで日本円で言えば、200円ちょっとである。

何が買えんねん?って、思っていたが、蓋を開けてみたら、案外色々なものが買えるようで驚きである。但し、次回はプレゼントを一つにして、予算を1つあたり500ペソくらいにするよう提案してみよう。僕にとって、プレゼントを選ぶという行為は想像以上にしんどかったようだ。