日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

日本の冬と言えば蟹鍋

今年も残すところ今日一日だけとなってしまったあつなりです。

 

皆さんどのようにお過ごしでしょうか?

いい1年になりましたでしょうか?

 

僕は、金銭を中心に何かと失う物が多い1年だったように思います。

一言で表せば、「失」。そんな1年だったと振り返れる。

来年は、「得」とか「福」、「宝」、「女」(?)とかそんな1年にしたいですね。

何というか煩悩が炸裂する1年というか。

 

毎年、漢字1文字で1年を振り返るっていいですね。

 

 

 

 

我々は仮面家族である。でも、家族で鍋を囲んだりしてしまうのである。

昨日は蟹鍋であった。蟹なんて食べるの何年ぶりなのだろうか。蟹を模倣したかまぼこなるものはいくらでも食べたことがあるが、リアル蟹を食べるのは久しぶりだった。

f:id:A28_K:20191231074228j:image

ロブスターは食べたことはあった。味はイマイチ覚えていない。さぞかし、伊勢海老に匹敵する旨さであると無駄に期待値を上げたものの、見事に期待を裏切られた記憶がある。でも、美味しかった。

f:id:A28_K:20191231074428j:image

今回食べた蟹

まぁ、身が詰まってましたよね。食べ応えといい、身のしまり方といい大満足の鍋でした。

(鍋の様子を撮り忘れたのは痛恨のミスである。)

f:id:A28_K:20191231074557j:image

写真ブレてるし。

 

 

そして、翌日、というかついさっき。

 

鍋と言えば、〆が肝心である。というか、〆を喰わずして、鍋が成立するだろうか。(反語)

ということで、諸々の旨味が凝縮された汁を元におじやを作った。

f:id:A28_K:20191231074835j:image

からして旨味成分なるものが滲み出ている。

f:id:A28_K:20191231074907j:image

見た目が悪いが、沈殿物。投入して味のアクセントにならないわけがない。

f:id:A28_K:20191231074946j:image

そして、ものの10分くらいで完成するのだ。もう、白米が黄金色に輝いている時点で不味いわけがない。

f:id:A28_K:20191231075049j:image

ネギは当然入れるよね。

 

言わずもがな美味かった。そこに言葉っている?本当に旨いものを目のあたりにした時、人は言葉を失い、黙々と食べてしまうものだと思うんですね。まぁ、蟹のエキスが特に染み渡ってましたよね。まいうー。

 

実は今回、新しい取り組みとして、先日買ったタブレットでこのブログ書いたのですね。あと、折りたたみ式のキーボード。

f:id:A28_K:20191231075444j:image

キーボードに慣れるまで、時間かかりそうやけど、持ち運びのしやすさからして、利便性が高く、いい買い物をしたと我ながら思った。

 

 

あと、このブログですけど、来年からはボリュームを減らしていこうかと思う。なるべく1000字を目安に書いてきたのだが、それだと結構な労力を使うので、来年以降は500字くらいに簡潔に留めようかと思う。その代わり、毎日更新は継続します。

 

 

今年、1年駄文の連なりであるこのブログを読んでいただきまして、ありがとうございました。

良ければ、来年も宜しく御願い致します。

 

では、良いお年を。