日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

漢の無水カレー

二の腕が震えて、眠れないくらいのあつなりです。

毎週2回の筋トレを欠かさない男が筋肉痛になるということがどういうことかおわかり頂けるだろうか?要は、コミットメントしているということだす。筋肉痛を迎えるたびに、体が大きくなっていることを感じるんや。

 

ただ、ブログに書いてある通り、トレーナー付きの筋トレはホンマに辛い。

 

 

ある人は飲み物だと主張し、ある人は毎朝食べないとパフォーマンスを発揮できないという言う。そして、あるゲームではポケモンとキャンプをする度に必ず振舞うことになっている料理。そうカレーである。

僕もカレーは大好きで、結構色々な種類のカレーを食してきたが、まだ、食したことがないカレーも多くある。その一つが「無水カレー」である。あのシャープが開発したヘルシオクックか何かでお馴染みのアレである。あれがどうやら無類の美味さというらしく、僕も作ってみることにした。

 

僕は、ヘルシオクックがないので、代わりにインスタントポットで調理した。というか、このインスタントポットが神便利なので、いつかどこかで紹介したい。というか、別ブログを展開させるという話はどうなったのだろうか。

 

水分を出してもらう野菜はこちら。

f:id:A28_K:20200119212740j:image

りんごも入れたかったけど、容量の関係上、あきらめた。

 

それぞれ漢らしい一口サイズに切り刻みズドーン、って感じに入れる。

f:id:A28_K:20200119212901j:image

 

レシピに従い、ホールトマトを投入。

もしかしたら、なくても作れるかもしれない。

f:id:A28_K:20200119213001j:image

f:id:A28_K:20200119213041j:image

 

スロークックモードで煮込むこと7時間半。

f:id:A28_K:20200119213056j:image

水分が溢れかえっておるわ。

 

ルーを投入したら、完成である。

激辛味を選んだのは、野菜の甘味で甘口になりがちなので、辛口だとちょうどいいからである。あと、人気がないのか、安かったというのもある。

f:id:A28_K:20200119213239j:image

f:id:A28_K:20200119213138j:image

f:id:A28_K:20200119213336j:image

まぁ、野菜が溢れかえってますよね。適当に野菜を買って打ち込めばいいや、という発想で買い物したから、致し方がない。その分、不足しがちな野菜を一杯取れていいのではないか。

で、お味の方は…。これ、いう必要ある。美味いに決まってるやん。

辛口のルーを使ったにも関わらず、野菜の甘味も感じられて、甘味と辛味がかなり絶妙なハーモニーを醸し出している。あと、鶏胸肉もいい感じにほぐれてホロホロな感じがまた、食感として良かった。これだったら、ポケモンに食わしても、ニッコリ笑顔になること間違い無いだろう。

ただ、反省点としては、にんじんと玉ねぎの芯が少し残っていたことである。これは、高温モードではなく、中温モードで煮たことからだと思われる。レシピに従わなかったから、反省というかミスである。もはや、野菜が原型を残さないくらいホロホロになっても良かったのかもしれない。

 

で、ストック用に鍋を掻き出した後、なんかもったいないと感じてしまった。

f:id:A28_K:20200119213711j:image

 

ということで、ご飯と卵をぶっこんでおじや風にしてみました。明日の朝飯ですね。

f:id:A28_K:20200119213736j:image

 

いやぁ、「Curry is a justice.」ですね。