日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

カムバック‼︎

人肌ではなく、気温という物理的な肌寒さを感じつつあるあつなりです。

最近、涼しいんです、フィリピンも。寒いとはいかないけど、朝とか晩は冷房が要らないような涼しさ。つまり、快適ということである。まぁ、最低気温が22度くらいだったら、涼しく感じられても無理はないか。

 

2週間ぶりに戻ってきた。

そう、ワークアウトという地獄というか修羅場というかそういうところに戻ってきたのである。体調は未だに万全ではない。でも、もうせざるを得ないのだ。これ以上、体がやせ細っていくのには耐えきれんのだ。

 

ということで、頑張った。

コーチは久しぶりということで色々優しいというか有難い言葉を僕に投げかけてくれるが、当の本人にはそれに応える余裕が言わずもがななかった。結構、重量は軽めにしてくれたはずなのだが、それでもかなり辛かった。

今日は、大胸筋と肩周りということでリクエストをしたのだが、筋トレが終わる頃には肩周りが震えてやばかった。これは、間違いなく翌日筋肉痛で大変なヤツである。

でも、それくらい追い込まないと筋肉ってつかないんじゃないかな。僕みたいな、長年惰性で筋トレをしている輩からすれば。だからこそ、コーチと二人三脚で筋トレをするっていうのは、新しい刺激であり、自分を追い込むという意味ですごくいいんじゃないかと改めて思う。

 

コーチは、「Welcome to my workout.」と言っていたが、言われてみて、改めて戻ってきたんだなと思った。しかし、体力的にはまだまだ全然戻ってきていないが、徐々に戻して、筋肉をつけていきたいところである。

 

にしても、2週間も運動しないと本当ヤバイですね。体力がここまで落ちているとは思わなかった。このまま、がっつりバスケしていたら確実に怪我でもしてそうだった。

前にも言ったけど、年をとれば、とるほど、ブランクを空けないようにしないといけないですね。僕みたいなスポーツ愛好家は特に。久しぶりの運動でぎっくり腰になったりとかいう話を聞くけど、わかる気がする。

武井壮みたく、常に臨戦態勢にしとかないといけないですね。要は、普段から運動して、準備をしとけっていうことである。

 

昼飯にHawker Chan。

f:id:A28_K:20200204204127j:image

緑が欲しかったので、ベジタブルヌードルなるものを頼んでみたが、これで、野菜を摂取できたと思ったら、大間違いですね。でも、美味しかった。安定の旨さでした。

ただ、歯の矯正中の人間からすれば、骨つき肉を食べるのは辛かった。