日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

大人の学び

職場で若い女性社員が大きなゲップをして、失笑してしまったあつなりです。

うちの女性社員に限らず、フィリピン人女性ってかなり身なりを気にしているように思うんですね。化粧が濃い人が多いし、香水もこれでもかって振りまいているから、エレベーターに乗ると、残り香があることがしばしばある。

でも、案外、こういうところが意外にルーズだったりする。ちょくちょく小さいゲップもしているように思う。それは、女性に限らずだが。男性に至っては、何の悪ぶれもなくしてますから。

日本で女の子がゲップして許されるのは、お笑い芸人くらいじゃなかろうか。まぁ、そもそもゲップするのはオナラするのと同意義なくらい恥ずかしいものだから、男女問わず、人前ではして欲しくない。

 

 

僕は疲れていた。しかし、今日はバスケのコーチングの日だ。しかし、時間になってもコーチが現れない。フィリピンではよくあることだと思うと同時に、疲れているから、今日キャンセルでもいいやと思っていたら、現れた。約40分遅れである。本当に帰ろうかと思ったわ。

 

で、そこから2時間くらいコーチングを受ける。主に指摘されたのは、右ドライブのクロスオーバーからのジャンプシュートのプレーでシュートを打つ際に左足が半分浮いているということ。両足にバランスよく力が入らないから止めろとのことである。はい、やめます。

あと、シュートスポットが低いこと。今、僕のシュートスポットは顔の上あたりなのだが、それだとシュートがぶれて、安定感がない的なことを指摘された。要は、Kawhiみたいにシュートスポットを上げろということである。これに関しては、ちょっと猜疑的だった。なぜかというと、シュートスポットを上げるとロングレンジが打てなくなる恐れがあるからだ。とは言え、シュートスポットを上げた方がいいというのも納得である。最近、フィリピン人とプレーしていて、自分より小さいヤツにゴール下でブロックされることが多かったのだが、案外、シュートスポットが低いことが原因だと思うからだ。来週会って、「お前、全然治ってへんやないか‼︎」的なことを言われると、コーチングをしてもらえなくなる恐れがあるので、とりあえず、コーチを信じてシュートスポットを上げるようにしようかと思う。これは、時間がかかるだろうなぁ。

とにかく、今のところ週一でバスケのコーチングを受けているのだが、毎回、宿題的なものをもらっているので、有難いことである。意味もなくシュートを打ち続けるよりは、よっぽど生産的な時間を過ごせそうである。

そういえば、あと、シュートスポットを人差し指がセンターにくるように寄せるようにも言われたわ。これも同じく時間がかかりそう。と言っても、一ヶ月以内にはコミットメントする気でいますけど。

だから、バスケのコーチングを受けるのが楽しみだったりしている。大人の学びっていいですね。楽しいです。

 

緑を取り入れても、結局は全体的に茶色くなってしまうフィリピン料理

f:id:A28_K:20200213224951j:plain

ゆで卵一つ25円って、今思えば、そんなに安くないよなぁ。

このパスタがうまい件

f:id:A28_K:20200213225128j:plain

ゆで卵をまぶしてあるんやけど、普通に美味い。これも、シシグと同様にお弁当屋が売ってたら、毎回買っている。

 

いちご味のタホがあったので、買った。@セブンイレブン

f:id:A28_K:20200213225250j:plain

が、あまり美味しくなかった。いちごの部分のせいだと思う。日本製の美味しいジャムペーストが入っていたら、美味しかったのかもしれないが、このクオリティのいちごペーストだととてもじゃないが美味しくはない。

と、対照にレチェフランは安定の美味さ。甘すぎるとかそういう問題ではない。レチェフランとはそういうものである。そして、過剰な甘さゆえに、疲れている時に食べると体に染みる。