日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

松野井 雅

なわとび15分でかなり追い込まれてしまったあつなりです。

f:id:A28_K:20200601195308j:image

いやぁ、ボクサーすげぇわ。なわとびを30分でも1時間でも連続でやっちゃうんでしょ?今の僕には到底無理。もう、15分で虫の息。しかも、途切れ途切れにやっていたのに、それでもかなり追い込まれた。

 

もう、ナ○トに出てくるゲジマユなんて神の領域ですね。ある種、神域の男のなのかもしれん。

 

平日コツコツやっていこうかと思うが、徐々に体力が戻ればいいな(遠い目)。

 

あと、悲報

f:id:A28_K:20200601195529j:image

先日、買ったプッシュバーが…

 

f:id:A28_K:20200601195558j:image

早くも半壊泣

 

僕の余りある圧力に耐えきれなかったのだろうか。10回くらいしか持たなかった気がする。

 

さすが、フィリピンクオリティだぜ‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松野井 雅氏がマジで美人な件。

 

www.youtube.com

僕、芸能人とか女優を観てても、そこまで美人だなとか感じない人なんですよね。なんというか、ブラウン管越しでああいうアナウンサーとか女優とか観てしまうとみんな同じような顔に見えてしまうんですよね。

 

もう、世間一般で言うある一定の「美人ライン」と言うのを越えてしまうと、みんな似たような顔に見えてしまうんですよね。もちろん、美人なのはわかるけど、かと言って、それ以上何も感じない。美人。以上。みたいな。

要は、ある一定ラインを越えてしまうと、「美人カテゴリー」で一括りにして見てしまうのである。そのカテゴリー内に入ってたら、「美人」であり、それ以上でも以下でもないよ、と。

 

この話を大学時代の後輩に話したことあるのだが、話すと「おじいちゃん」扱いされた記憶がある。顔の識別ができていないのではないかと本気で疑われた笑。

 

そんな、僕が、だ。

 

僕が女性を率直に美人だと言うのは相当なことだと我ながら思う。普段、人前でめったに褒めない人が、褒めるような、それくらいの価値があることである。

 

で、松野井 雅氏。

 

超美人だと思った。そして、古い言い方になるが、ナイスバディ笑

あらゆる角度から人を悩殺する外見。たまらん。

 

経歴が気になって、Wikipediaで調べたりもしたけど、この人、ドイツ人のクォーターなんですよね。クォーターマジで、半端ねぇと思ってしまった。言われてみれば、顔立ちがそれとなく白人系の面影が残っているから、クォーターと言われたら、納得の顔つきである。

 

そして、この人、今、32歳なんですけど、歳を取れば取るほど美人になっていくような…。エロい言い方をすると、大人の色気が増していくような…。

動画観ていて、マジで眼福でした。

 

大事なことなので、繰り返し言うが、僕がここまで女性のことを美人って言うのはすごく珍しいこと。これは、理解してもらいたい。識別能力がおじいちゃんな故に…。

 

まぁ、エガちゃんがホレるのも無理はない。

 

というか、露出が少ないだけで、世の中には僕が知らないような美人が大勢いるんだろうなぁ。

やっぱりこの世はでっかい宝島やわ(?)。