日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

iPhone7 plusとApple Card

256GBって、想定していたよりも遥かに容量が大きかったことを実感したあつなりです。

 

僕、今、iPhone 7 plusを約4年くらい使っているのだが、最近、強制シャットダウンとかが増えて、もうそろそろ寿命だと思い始めたところだった。

で、もしかしたら、強制シャットダウンとかが多い理由がもしかしたら、iPhone内のデータ容量にあるのではないかと思い、恐る恐るiPhone内のデータ容量を確認してみた。

 

僕は毎日、写真を撮っているし、音楽もダウンロードしたりしているから、256GBとは言え、結構、容量を圧迫しているのではないかと懸念していた。

写真に関しては、軽く7000枚を超えていた。音楽に関しても、軽く1000曲以上はダウンロード済みなのではないかと思う。

 

結果は、使用量としては130GBくらいで、約120GBくらい容量に余裕があった。

 

驚いた。

まさか、こんだけしか容量を圧迫していなかったとは思わなんだ。

 

iPhone用のUSBを買って、データの移行も検討していたが、それもする必要はなさそうである。

というか、動画を撮る余地全然あるやん。

 

まぁ、動画を撮ったところで、僕の初代Macbookはボロボロで処理が追いつかないだろうし、通信環境が脆弱な状態で、YouTubeへのアップロードができるのか疑問である。

障壁はまだまだ多いということである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、iPhone関連のニュースなのだが、アップルカードを持っていれば、無利子でiPhoneを24ヶ月分割払いで購入することが可能になるらしい。

f:id:A28_K:20200608091430j:image

これって、ある種のサブスクサービスではないか?NetflixとかAmazonプライムとかの同様の類のもの。要は、毎月定額を払い続ければ、iPhone使い放題ということである。

 

これは、是非とも利用したい。僕は、このiPhone7 plusを約4年間使っているが、理由の一つに値段があったからだ。だから、元を取るべくケチ臭い根性を発揮して、4年間も頑張って使い続けたのである。

 

ちなみに、7 plusは顔認証もなければ、ワイヤレス充電も搭載していない。この2つを使いたいとどれだけ渇望したことか。

 

でも、4年間もこうして使えていることがそもそもすごいことなのではないか。

 

僕は、REGZAフォンに始まり、ソニーXperiaASUSのzenphoneと使ったきたが、どれもロクなものではなかった。

Xperiaは2年間使えたので、及第点を与えてもいいところだが、REGZAフォンとzenphoneは論外だった。使い始めて、1ヶ月で動作不良が起こって、REGZAフォンに関しては修理に出しても一向に改善されず、zenphoneに関しては、カスタマーサービスがクソだったので、修理にすら出すことが出来なかった。

 

そういう僕のスマホ歴を振り返ると、iPhoneにして本当に良かったと思う。値段からすれば、かなりお高めだが、かなり長期の耐用年数を考えたら、コスパはかなりいいかと思う。

値段がネックであれば、SEを買えばいいし。SEでも、恐らくは同じくらいの年数問題なく使えるんじゃないかと思う。

 

ちなみに、フィリピンに来てから、社用スマホとしてSAMSUNGの安価モデルを買ったが、動きがカクカクで、処理も遅かった。多少値段が高くともSEを買えば良かったと後悔している。

 

そんなこんな言うてるが、早く日本でもアップルカード使えるようにならないかなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリピン人の英語のクセの話。

今日、仕事終わりに今週の土曜日のプールの予約をしようとコンドミニアムの受付に行った。

 

で、受付の人が、

「タルティーン?タルティーン?」

っていう意味不明な単語を言うから、なんのことを言っているのか全くわからなかった。

 

「What's タルティーン?」

って聞くと、

「Saturday.」

って答えたもんだから、ようやく意味がわかった。

 

13日を意味するThirteenをタルティーンと読んでいたようである。

なるほど、そう読めなくはないが、とっさに言われたら、マジで意味不明だった。

 

こんなこと、そこらへんのフィリピン人と話していると日常茶飯事である。