日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

坊主頭だった前職時代

ようやっと、ポストペイに切り替えることができたあつなりです。

f:id:A28_K:20200613183235j:image

書いてある字のごとくである。

なぜに昨日は渡された瞬間にこの字の違いに気づかなかったのだろうか。気づいていれば、ショッピングモールと家を往復する手間がなくなっていたのに。

どうにもストレスフルな環境になると、判断力が失いがちになってしまうようである。

 

ちなみに、この契約にあたっての苦労は昨日更新した通りだが、色々な証明書が求められる上に、なんと保証人まで書かされたのである。

 

いやいやいや、保証人を書くって、日本の賃貸とちゃうで。

 

フィリピンではこの手の銀行引き落としサービスは、どうやらかなり重たいもののようである。理由はよくわからんが、銀行引き落とし契約しているのに、海外に飛んでしまう輩が多いからだとか。

というか、この手の契約に関しては、外国人だからという理由で信用されないものなのだろうか。信用してくれると色々やりやすいのだが。

 

とにもかくにもこれで、一息つくことができた。

 

あと、ついでに家のブロードバンド契約のことも話ししたら、5日以内にできるかどうかな連絡が来るとのことである。

その際、今使っているプリペイドの電話番号に電話がかかってくるので、来週いっぱいはsimカードをポストペイに変更するのは待った方が良さそうである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、ようやく髪を切った。

と言っても、気休め程度にしか切っていないが。

 

それでも、気がつけば、4カ月くらい髪の毛切ってないんじゃないか⁉︎いまだかつて、こんな長いスパンを空けて、髪の毛を切らなかったことは僕の31年という人生の中でない。

 

一時期、坊主にしていた時期もあったが、その時でさえ、こんなに長い期間空けたことがなかった。

 

思えば、坊主時代は僕はとある日本企業のメーカー勤務だった。メーカー企業なので、会社は工場を持っていた。僕は、その会社の当時の基幹工場に総合職として勤務していた。総合職勤務なので、現場仕事ではなく、事務仕事で、実態はオフィスワーカーだった。

 

とは言え、事があれば、現場に駆けつけていたし、研修で夜勤も経験した事があるので、現場の仕事というのは結構わかっているつもりである。あと、バイトで工場での検品のバイトやうどんの製麺工場の夜勤バイトもしたことあるから、経験値もある。

 

検品バイト時代は、周りが全員パートのおばちゃんばかりで、男性は僕1人のハーレム状態だったのだが、とにかく会話もなく、ただただ気まずい雰囲気で仕事をしていた記憶がある。熟女好きにとっては、たまらない職場だったのだろうと今更ながら思う。

 

そんなところでバイトしたこともあったりするから、割りかしプライドは結構捨ててる面はあるんじゃないかと思う。今でも工場勤務せざるを得ない状況に追い込まれたら、生活のために普通にしてしまいそう。

 

少なくとも、プライドでメシは食べていけないよね。

 

話が脱線したが、坊主にした時は突然のことだったので、周りからさぞ驚かれた。

 

なんかの罰ゲーム?

何かやらかしたんか?

 

的な、さぞ僕が悪いことをしたかのような理由が大概であった。実際は悪いことをしていなかった、たぶん。

 

で、僕は当時、総合職だったので、時たま本社があるビジネス街のオフィスに出張に行くことがあった。

ビジネス街に似つかわしくない坊主頭。しかも、20代の若者。たいそう人相が悪く映ったのだろう。

 

当時のオフィス勤務の先輩に言われたのが、

「その頭でオフィスに来るなよ〜笑」

である。

 

坊主にした僕はかなりいかつくなってしまうらしいのだ。側から見れば、そっちの世界の人にも見えていたらしい。

 

で、なぜ、僕が坊主にしたかというと、自分がハゲてきた時のシミュレーションがしたかったからである。

 

親父がハゲているので、遺伝的にいずれはハゲるような運命を悟っていた。ハゲてきた時に、それに抗うかのごとく、整髪料やスカルプDに頼るのはみっともないと思ってて、そこは自然なことなので、素直に受け入れるべきと当時は思ってた。

だから、ハゲてきた自分に衝撃を受けないために、あらかじめハゲた自分を知っておく必要があると思い、坊主にしたのである。

 

結論は、僕がハゲたら、893である。

 

 

 

 

余談だが、その時に所属していたバスケサークル内のあだ名は「兄貴」だった笑

 

あと、高校生時代には1㎜坊主も経験した事がある。1㎜とまでなると、もはや、服が脱げなくなる。

これって、男しかわからない話ですよね。

 

ちなみに、冒頭で写真に載せた通り、僕がハゲ始めるのはまだまだ先の話のようだ。

ただ、森脇健児氏曰くは、「ハゲは突然来るよ〜。」とのことである。

 

油断は禁物である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かの売人としか思えない自撮り

f:id:A28_K:20200613184009j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きんにくTVに影響されて、再度オートミール食に挑戦。

f:id:A28_K:20200613184041j:image

https://youtu.be/y67PvL16Y64

控えてた理由としては、不味くはないのだが、頭にガツンとくる感じが嫌だったから。たぶん、量が多過ぎたのも一因かと思われるが。

 

オートミール自体は海外だとかなり安いから、主食にするに越したことはない。

というか、シリアルに結構飽きてきたというのもある。

 

たまには、朝にしょっぱいものを食べたくなるやんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リベンジ消費なのだろうか。

f:id:A28_K:20200613184257j:image

通信会社にしろそうだが、家電量販店とか軒並み列ができていた。

入場制限とリベンジ消費が重なってのことだろう。

 

ちなみに、アディダスとかのスポーツ店も営業を再開していて、今日、ハイストリートを歩いていたら、ナイキショップも営業を再開してた。

 

そして、スニーカーフリークと思われる方々が外で列をなしていた。

 

今は、ナイキやジョーダンブランドで欲しい靴がないからいいが(八村塁モデルのジョーダン34は発売が延期になったらしい。)、一度中は確認しておく必要がある。

 

やはり、靴は癒しなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハッシュドポテトもブランドが違えば、焼き加減が全然違うことに驚いた。

f:id:A28_K:20200613184718j:image

もちろん、茶色く焼けている方が美味しかった。

 

ハッシュドポテトには、しっとりとした食感というよりは、少し焦げ付いているが故のカリッとした食感を求めたい。