日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

凹む腹とパクチー嫌い

最近、お腹が凹んできたあつなりです。

 

適度な食事制限、適度な運動。

やはり、効果があったのだろうか。

 

ベルトの穴にしろ、一穴余分に通すことができたし、腰を曲げた時に垂れ下がる腹回りの脂肪がだいぶとスッキリした。

 

これ、写真を撮って前後比較したら、わかりやすいと思うのだが、誰が好き好んで、三十路のおっさんの腹回りを見たがるのだろうか。

だから、撮るのは辞めた。

 

ちなみに、体重も測っていない。測るのが面倒というのと、数字を追ってしまうと途端に萎えてしまう可能性があったからだ。

ダイエットすると、どうしても停滞期ってあるんだけど、その時期に体重が減っていないとか言って嘆いて、ダイエットを辞める人も多いと思われる。そういうことになりたくないから、体重は測っていない。

 

まぁ、あと、そこまで真剣に体重を減らそうとは思っていないというのも一つの理由。最近、炭水化物の取りすぎなのか、胃もたれすることが多くて、体によろしくないと思い、食事を摂生し始めたのも理由の一つ。

腹八分目の食事が長寿に繋がるという話を聞いたことも理由としては否めない。

 

とにもかくにも、適度な摂生生活のおかげで健康的に生活ができているのである。昨日は疲れて、筋トレサボってベッドにダイブしたけど…。

そんな日もあって、いいっしょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、どうやら炭水化物で何かを包んだり、挟んだような食べ物が好きなようだ。

こんなんとか。

f:id:A28_K:20200619202515j:image

こんなのである。
f:id:A28_K:20200619202518j:image

もちろん、ハンバーガーもオッケー。

f:id:A28_K:20200619202618j:image

なんなら、ライスバーガーなるものを食べたいものだ。

 

それで、今日の晩ご飯の話。

今日はブリトーと呼ばれる南米系の料理をチョイスした。

f:id:A28_K:20200619202735j:image

もはや、炭水化物で包んであれば、なんでも美味しく食べれてしまう。そして、美味しかった。

 

ただ、ある一点を除いては…。

それは、我が宿敵、パクチーが入っていたことだ。これがなかったら、文句なしにうまかったのだが、入っているとなるとそれだけですごく味に違和感を感じてしまう。

 

あの独特の臭みの恐ろしさは半端ない。

 

海外旅行やらで海外で食事を食べるまでは、ここまでパクチーというものが世界を席巻しているとは知らなかった。そして、この独特の味に対しては未だに順応できていない。うなぎとか穴子も苦手なのだが、それ以上に食べられない。

f:id:A28_K:20200619203221j:image

その地の名産地であれば、苦手と言えども注文してしまうくらいである。

 

しかし、仮にどこかの地域でパクチーが名産品だったとしても、わざわざ頼むことはしないだろう。パクチースープとか飲める気がしない。

 

海外の食は基本的にはエンジョイできる方なのだが、ネックなのがこのパクチー嫌いである。

入ってるわけがないと思ってた料理に入ってた時には、結構、ゲンナリする。