日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

GCash経由でプリペイド代を払う

昨日に引き続き良く寝たあつなりです。

 

良く寝て、靴箱を組み立てて、掃除して。

それなりに忙しい休日だった。

 

 

 

 

 

 

で、今日、いい発見があった。

朝、目覚めると、家のプリペイドWi-Fiが容量切れで使えなくなっていた。

 

昨日確認した時、24GBくらいあったはずなのに、何が原因で一気に溶けてしまったのか考えた時、思い浮かんだのが、FF10のリマスター版である。

 

昨日、SDカードを使って、Switchの容量を整理したおかげで、FF10をダウンロードできる容量をようやく確保したのである。

それで、その容量がもはやバケモノ。

なんと、25GBくらいするのだ。

 

FF8でも3GBくらいなのに、それの8倍くらい。

そうなると、それをダウンロードするのに、Wi-Fiの容量をどれくらい食うのかという話である。

 

その結果、朝起きた時のWi-Fiの枯渇である。しかも、ダウンロードは未だに終わらず。

 

それで、プリペイドWi-Fiを使っているので、また、チャージをしないといけない。その時、Gcashというアプリを使ってチャージできないかと閃いた。

 

Gcashとは、フィリピンで一般的な電子通貨のこと。ただ、チャージするのが面倒で、いちいちコンビニに行かないとできない。クレカからチャージするのができないから、結構不便に思ってる。

 

しかし、チャージするのに、ちまちまカード削りするよりはよっぽどマシである。

f:id:A28_K:20200726193258j:image

これやってみたらわかるけど、毎月のこととなると、めちゃくちゃ面倒に感じる。

 

でも、Gcashなら、コンビニに行けば、一度の手続きで済むから結構ラク

 

そう思い、セブンイレブンに行って、チャージした。

しかし、チャージした後、どうやって、Gcashでプリペイド代を払えばいいかわからなかった。

 

そこで、Globeという通信会社の店舗に直接行って、話を伺った。

 

店員さんの懇切丁寧な説明のおかげで、どうにかGcash経由でプリペイド代をチャージすることができた。と、同時にカード削りの苦難からも解放されたことを意味する。

 

また、少しフィリピンでの生活の知恵を身につけてしまったようだ。