日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

英語での電話会議

未だに英語での電話対応が苦手なあつなりです。

 

実は、今日会社でローカルスタッフと電話会議してました。フィリピンだと電波も悪いし、そもそもカメラがないということで、電話会議になった。

 

会議前、内心、うまくいくかスーパー不安だった。

今まで、電話対応してて、うまくいった試しがなく、それ故に自信がなかったからだ。

 

ワーホリしている時もずっと思ってたが、電話対応って、バイトをするにあたっての最大の鬼門だと思う。経験したくなければ、飲食店のウェイターやウェイトレスのバイトをしなければいいのだが、そういうのも含めて、人生経験だと思ってチャレンジした。

 

が、結果は惨敗だった。

少なくともバイト先の信用を得れなかった。

最終的には、ローカルのスタッフが優先的に取って、どうしても手が外せない時は僕が取るみたいな体制になった。

 

仕方ないよね。

リスニング元々苦手だったし。

 

だから、未だにシャドーイングして英語のお勉強を続けている。そのおかげか、だいぶとマシにはなってきたとは思うが、物足りない。というか、満足していない。

 

ところで、今、僕がTOEIC受けたらどれくらい取れるのだろう?TOEICは新卒で入社して以来受けていないから、受けたら、約9年ぶりくらいになる。

見栄を張る話になるが、最低でも800点は欲しいかな。

 

で、話を戻すと、僕の不安とは裏腹に電話会議はうまくいった。少なくとも、お互い言いたいことは言えたし、伝わったと思う。

 

逆に言えば、電話対応できたら、英語での会話はほぼ完璧と言ってもいいのではないか?

そんな気がする。

 

 

 

 

 

ネスレのインスタントコーヒーが日本の倍くらいの値段がかかる件。

f:id:A28_K:20200911205805j:image

でも、ローカルブランドのインスタントコーヒーも近いくらいの値段するんだよなぁ。

 

コーヒー好きとしては悩ましい話である。