日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

阻止する開封の儀とホットドッグ

親にいきなり「通販で買ったもの全て開けてええか?」と聞かれて、困惑のあつなりです。

 

なぜに、このタイミングに開封宣言?

 

どうしようかと悩んだが、前にもブログで言った通り、何点かは売りに出す予定なので、変に開封されても困る。

だから、開封するのはやめてもらった。

 

しかし、ダンボールを開けるだけで、中身まで開封しないから別にいいのではないかと、今更ながら思ってしまった。

 

そして、親から「帰ってこれるん?」という、年末帰国に関しての猜疑的なLINEも飛んできた。

 

いやいやいや。

こっちが聞きたいくらいですわ。

 

というか、何がなんでも帰りたいくらいだ。なぜなら、スマホとPCの買い替えはマストだからだ。

このオンボロさと付き合ってしまうと、いつ脳内血管が切れてもおかしくはない。

 

PCに至っては、もはや、簡単なネット検索すらもできなくなりつつある。これが、犬とか猫のペットだったら、涙ぐましくなる。

 

しかし、PCは無機物。だから、容赦なくイライラをぶつけている。と、言っても小言を言うくらいだが。

 

とにもかくにも、会社の方には言わんといかんわな…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりにコンビニでホットドッグを頼んだが、No ketchupと言われ、出されたのがこれである。

f:id:A28_K:20200921211628j:image

この世に生を受けて、30年と少し。

未だに、ホットドッグにマヨネーズという組み合わせで食べたことがないのだが笑

 

海外って、何かサービスをすればいいっていう風潮がある気がする。ショッピングモールの空調が過剰に効き過ぎていたりとか。

 

日本のサービスに対する心配りって、改めて思うと、絶妙だなと思ってしまう。