日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

止まっていた時計が動き出す⁉約7カ月ぶりのジムでの筋トレ

腕が上がらなくなってしまったあつなりです。

 

今日、ようやっとですよ。

止まっていた時計が動き出した的な、ね。

 

そう、約7カ月ぶりにジムに復帰したのである。

復帰したというか再開したというべきか。

 

この7か月間コロナの影響でうちのコンドミのジムがBANされていたのだ。

だから、しぶしぶ家で在宅トレをしていたが、もう限界寸前だった。

 

なんだろう。

わかるんですよ。

僕くらいのトレーニーになると、筋肉が衰えていく感じが。

 

そりゃ、大胸筋とか腕とか自体重トレで色々やってきましたよ。

でも、衰えるものは衰えるんです。

レーニング未経験者がコロナを機に筋トレ始めましたというのと事情が全く違うのだ。

 

未経験者は筋肉がつく楽しみがあるのだろうが、それなりに筋肉がある人間からしたら、いかに衰えさせないかで必死だったのだ。

しかも、在宅だとどうにも集中できない。

 

というか、在宅というよりは、きちんとしたバーベルやダンベル、器具を使って筋トレしないと集中できないし、満足もできない。

 

そんな欲求不満の中で抗い続けた7カ月。

そんな日々もようやく終わりを告げることになった。

 

で、コロナが終焉を迎えたわけではないので、ジム利用にもいくつかルールができた。

一つが予約制。

もう一つはトレーニング中のマスクもしくはフェイスシールドの着用義務。

 

動画とかでマスクしながら筋トレをしている様子を観たことがあったが、キツイのは容易に想像できる。

だって、酸素が薄い状態で筋トレするんですよ。

高地トレーニングじゃないなんだから。

そんなん辛いに決まっとるやろがい‼

 

で、案の定つらかった。

何回もジムで叫び声をあげた。

でも、それがストレス解消になっているような気がしてならない。

 

ちなみに、ジムは予約制で45分間一コマで利用できるのだが、どうやら利用者は一人に限定しているようだった。

要は、貸し切りってこと。

f:id:A28_K:20201023222841j:plain

だから、器具とか45分間使い放題である。

でも、時間が限られているのと久しぶりということもあって、スーパーセットで休憩をあまり入れずガンガンやりまくった。

 

で、結果、腕が上がらなくなりましたとさ。

おしまい。

 

冗談じゃなくて、筋トレ後は腕が本当に上がらなくて、プロテインシェイカーを振るのも両手持ちで上下に荒ぶりながらシェイクした。

はたから見れば、頭がおかしい人である。

それだけ久しぶりの筋トレは体に応えた。

 

サービスショット

f:id:A28_K:20201023223208j:plain

ちなみに、今日時点で体重は75.2kgだった。

昔のブログを読み返したら、腹筋が割れている状態で体重76kgが理想とか書いてあったので、当時の理想値にはほぼほぼ到達している。

 

次の目標は腹筋が割れた状態での80kg。

そこを目指していく。

長い旅路になりそうだぜ。

 

お目を汚してしまって申し訳ありませんでした。

かわいい猫ちゃんの写真で癒されてください。

f:id:A28_K:20201023223456j:plain

f:id:A28_K:20201023223503j:plain

f:id:A28_K:20201023223508j:plain