日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

プロテインによる胃もたれ

粉が胃にもたれるあつなりです。

f:id:A28_K:20201026223019j:plain

この手のバルクアップ向けのプロテインは本当に腹にたまる。

なんなら、脳にも微妙にダメージが入る。

だから、少し気分が悪くなったりする。

と言いつつも飲むのを止める気は全くないのだが。

 

こういう炭水化物が入った(おそらくマルトデキストリンプロテインは飲むのは海外が初めてである。

だから、日本ではこの手のプロテインを飲んだことがない。

 

以前に、このブログでゲイナー用のプロテインを飲んでて、お腹がピーピー芸人になってしまいました的なことを書いたら、コメントが残されてあって。

どうやら、日本人は乳製品を分解しにくい民族らしく、その中の分解しにくい成分が海外製のゲイナー用のプロテインには豊富に入っているから、下痢しやすくなってしまうとのこと。

本当、その説はありがとうございます。

山本先生の動画なんか観ていると、同じようなことを言ってますから、間違いないでしょう。

 

で、日本にも最近はバルクアップ需要に応えて、それ用のプロテインが売られているというのはよく聞くが、お味の方はどうなのか。

そして、下痢にはならないのだろうか。

気になるところである。

 

ちなみに、日本と海外のプロテインを飲み比べてきた僕としては、日本のプロテインは断然美味しいです。

超飲みやすい。

f:id:A28_K:20201028211327j:plain

下手すれば、外国人からすれば、スポドリと勘違いしてしまうのではないか。

それくらい美味しいプロテインが多い。

というか、それだけ味にうるさい民族と言えそうである、日本人は。

 

とにかく、ゲイナー用のプロテインを服用して、果たして、健全にバルクアップができるかどうか。

挑戦はもう始まっている。

 

 

 

昼ごはんに作りすぎた牛丼を弁当にして持って行った。

f:id:A28_K:20201028211542j:plain

もはや、弁当男子にもなれそうな勢いである。

でも、バルクアップのためだから仕方ない(?)

 

ちなみに、カナダにワーホリで住んでいた頃、語学学校に通っていたのだが、食費節約のために弁当を持参していたことがあった。

f:id:A28_K:20201028211831j:plain

弁当ではないが、本当にこれをパッケージしたヤツを弁当として持って行っていた。

 

あの時の自分に言ってやりたい。

「せめて、ググろうや。」