日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

パイプニッシュ的な陰謀論

相も変わらずマニラは「天気の子」状態のあつなりです。

 

未だに雨季なんですよね、マニラって。

日本だと梅雨は1ヵ月半くらいで終わってしまうが、マニラだとワケが違う。

なんと、雨季が半年くらい続くんですね。

さすがは、熱帯雨林気候だぜ。

 

で、雨ばかり降られると、なんか嫌じゃないですか。

ただでさえ、コロナで気分が沈み気味なのに、空までどんよりしてたら、余計に沈んでしまうやないですか。

まさに、天気が追い打ちをかけているような感じである。

 

ずっと、雨の生活って、やっぱりやだなぁ。

あと、バスケやったら、床がずる滑りやし。

スラダンのゴリが怒ってくるで、ホンマに。

「ズルズル滑るじゃねぇか‼」って。

 

 

 

 

 

フィリピンはなぜだかよくわからないが、めちゃくちゃ配管が細い。

そのため、よく水詰まりが起こるのである。

 

なぜに、配管を細く設計したのか、責任者を呼びたいところではある。

が、そんなことでわめいていてもどうしようもない。

ぶっちゃけ、フィリピン人にはもっと細くして欲しいところがある(意味深)。

 

それは、さておき、そんな詰まりやすい配管にも救世主はいるものである。

そんな配管を救うケンシロウ的なものが、フィリピン版パイプニッシュである。

f:id:A28_K:20201029221939j:plain

この科学的知見と筋肉を兼ね備えたマスコットキャラクター。

これで、配管に効かないわけがない。

というか、実際に効果てきめんである。

 

それで、このフィリピン版パイプニッシュ。

なぜか、中々手に入らなかった。

どこもかしこも、配管が詰まりまくって困っているのだろうか。

 

もしや、このパイプニッシュの売り上げをあげるための薬剤業者の陰謀なのか…。

 

陰謀論はさておき、配管が詰まるのは困ったものである。

 

 

 

 

久しぶりにチョゲという韓国麺を食べた。

f:id:A28_K:20201029222248j:plain

前回の韓国旅行は財布を盗まれ、敗走しているだけに、もう一度韓国旅行には行きたいところである。

 

というか、Google フォトを見返すと、動画ファイルが結構残されていたから、旅行記を動画に残して、YouTubeに動画にしてアップするつもりだったのだろう。

志半ばで終わってしまった…。

誰か、僕の屍を超えてもらえませんか?

 

俺の屍を越えてゆけ PlayStation the Best

俺の屍を越えてゆけ PlayStation the Best

  • 発売日: 1999/06/17
  • メディア: Video Game