日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

DFに徹するためのiPhoneケース(iPhone 7plus)

精神的に落ち着いてきたあつなりです。

 

まぁ、上司に報告して、何のお咎めもなかったからなんですけどね。

正直、何言われるかわからなかったけど、結果的に何も責められなかったので良かったと思う。

 

とは言え、色々それに応じてやらないといけないことがあったりするから、結果として何かしらの責任を取っているような形になっている。

責任を果たすとか、責任を取るっていうのは地味なもんですよ。

30そこそこの若造が何を言ってんだ⁉という話である。

 

 

散々言ってきた僕のiPhone問題。

フィリピンで買い替えするのはかなりリスクがあるので、日本で買い替えたい。

しかし、帰ることはもはやあきらめている状態。

かと言って、なるべくiPhoneを美しい形でキープしておきたいという願望がある。

なぜなら、美品だとAppleストアでそれなりの割引を受けられる可能性があるからだ。

と言っても、iPhone 7plusは約4年前のモデルなのでかなり古い。

割引もたかが知れているんだろうとは思う。

 

思えば、androidからAppleユーザーになったのもその時だった。

当時、このモデルは人気があって、予約したものの、現物が手に入るのに発売してから1ヵ月くらい経った後だった記憶がある。

いや、僕のカラーは当時真新しかったジェットブラックだったので、余計に人気があり、それで手元に届くのが更に遅れた記憶がある。

発売日から2ヵ月くらい後だったと思う。

 

それまで、僕はiPod Touchをメイン機に使っていた。

アプリを使用できるとは言え、iPhoneではなかったので、かなり不便さを感じながら使っていた。

まぁ、Appleミュージックを試したかったのが一番の理由である。

ちなみに、そのiPod TouchはiPhone 7plus購入と同時にメルカリ行きとなった。

結構な値で売れた記憶がある。

 

と、まぁ、色々思い出深いiPhone 7plusではあるが、もうしばらく活躍してもらうために、防護用にケースを買ったのである。

ちなみに、今まで使っていたケースはこんな感じである。

f:id:A28_K:20201116211636j:plain

f:id:A28_K:20201116211655j:plain

これはヤバい。

ケースがメガンテを唱えたかのうようである。

見るも無残である。

 

ちなみに、このケースは結構お高めで3,000円くらいした。

なぜにケースにそこまで金をかけたかというと、iPhoneは画面とかが壊れやすいと聞いていたので、ディフェンスに徹した結果、高いケースに行きついたのである。

あと、画面も割れないようにカバーをしている。

修理代が馬鹿にならないし、僕の扱いの悪さからどうしても高価なものはディフェンスに徹するという考えになってしまっているのである。

スラムダンクのディフェンスに定評のある池上も顔負けである(?)

f:id:A28_K:20201116212122j:plain

子どもの時は、華のないキャラクターと思ってはいたが、今思うと、一芸に徹するってかっこいいですよね。

そんな理由で実はスラムダンクの中で地味に人気がありそうな感じがする。

まぁ、玄人好みのキャラクターですよね。

 

そんなわけで、今使っているiPhone 7plusも最後までDFに徹したいわけですよ。

 

ちなみに、買ったケースはここのブランドである。

f:id:A28_K:20201116212429j:plain

日本でも売っている中華系ブランド。

主にApple製品の周辺機器を扱っていて、日本でもAmazonの評価が高かったりする。

優良中華系ブランドの一つと僕は思っている。

 

DFに徹するにはうってつけのブランドではないのかな?