日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

決戦は10日後の土曜日

腹筋がはち切れたあつなりです。

 

昨日、大胸筋と上腕二頭筋、上腕三頭筋の筋トレをして、腹筋の筋トレはしなかったのに、なぜか腹筋がつってしまった。

シャワーを浴びていて、前にかがみこんだらつったって感じ。

 

三十路のおっさんが前かがみになりながら風呂場で悶絶する…。

 

金田一少年かコナンくんの出番ですね。

もう事件の香りしかしない。

このまま風呂場で亡くなっていたら、間違いなく事件になるところだった。

 

思えば、風呂場で漏電しかけた話を先日書いたが、風呂場という場所が何気に危ない。

死と隣り合わせのような場所である。

 

というか、浴槽に湯をためて、足を伸ばしながらくつろぎたいんですけど‼

スーパー銭湯に行きたいなぁ。

 

 

 

今日、3カ月ぶりにBGCを出ました。

向かった先は湾岸にある街パサイ。

f:id:A28_K:20201119213914j:plain

f:id:A28_K:20201119213929j:plain

改めて見ると、夕焼けがきれいだ。

僕の心とは比べ物にならん。


何をしに行ったのかというと、インプラント手術のためのレントゲンと歯型を取りに行ったのである。

片道約800円だった。

もちろん、Grabである。

 

マカティの市街を通ってきたのだが、久しぶりに見たマカティの街並みがすごく新鮮に感じた。

相も変わらず活気があって、ホッとしたというか。

本当にBGCに引きこもり状態なので、街の外の様子がまったくわからなかった。

これが、もし、山が荒れ、地が裂け、天が泣いている状態だったらどうしようか。

そうなったら、ケンシロウを呼ぶしかないですね。

 

で、フィリピン人って、僕と違って人見知りしない人が多い。

というか、ぐいぐい来る人が多い。

だから、ちょっとしたことで世間話になることがしょっちゅうである。

それで、毎回聞かれる質問第一位が、

「フィリピンって、どうよ?」

ちなみに、この質問と付随して聞いてくるのが、

「フィリピンに来て、どれくらい経つの?」

このセットは必ず聞かれるので、フィリピンに来る予定の方は予習しておくように。

ちなみに、僕はこう聞かれたら、

「フィリピンのご飯と雰囲気が好きです。」

と答えるようにしている。

まぁ、あながち間違っていない。

 

そういえば、最近自炊しまくりおじさんになっているので、フィリピン料理を食べていない。

でも、基本的に脂っこいんだよなぁ、フィリピン料理って…。

ちょっと、今の僕の胃には受け付けないかも…。

 

それで、レントゲン取って、歯形を取って、4,000ペソ、日本円にして8,000円取られた。

こっちのレントゲンって、基本的に高いんですよね。

感覚的には日本の倍くらい?

 

で、これから、僕のすきっ歯を埋めるべくインプラントを作って、手術になるという流れだが、驚いた。

まさか、手術が約10日後の来週の土曜日と言われたのだ。

 

えっ⁉

そんなに速く歯って、出来上がるもんなん?

 

突然のことなので、確認をしたのは言うまでもない。

手術は12月くらいと言ってたので、心の準備ができていない。

 

というわけで、決戦は約10日後となりました。

 

楽しみですよね。

このままだと、一生ハム太郎ですから。

f:id:A28_K:20201119215130j:plain

ホンマに、「ハムハっー‼」言うてる場合ちゃうで。